日本語3.0

インフォメーション

情報の民主化が終わりつつある 〜くれくれ君は結局損するという話〜


先日、ホリエモンこと堀江貴文氏が自身が主催するイベント、ホリエモン万博の中止を宣言しました。

もう疲れたので今後一切イベントやりません
https://www.youtube.com/watch?v=jrsb8-IyxT4

というより今後一切のイベントごとをやらないということです。

理由は動画でも説明していますが、イベントをやろうとするとツイッター民から
「こんな時に不謹慎だ!」
「人の命より金儲けが好きなのか!」

とそう罵倒され続けるのが嫌になったということです。

ホリエモンはこのイベントで一切利益は出ないのですが、人同士を繋げようという心算で開催を予定していたのにバカバカしくなったと述べています。

これを受けてブロガーのマナブさんも以下のようにツイートしていました。



ネット上のインフルエンサーと呼ばれる人や経営者たちは多くの有益な情報をtwitterやブログ、noteでアウトプットしてくれ、私たちは無料でそれらを受け取ることができます。


しかし、マナブさんの言葉の通りこれからはそれができなくなるのではないかと考えられます。


なぜなら彼らの思考や習慣、知識などは先進的なものが多いのですが、残念ながら多くの人はその価値が理解できません。

それだけならいいのですが、そんな人たちは自分たちが従来型の常識に囚われていて変われないためかはたまた成功しているのが妬ましいからか、インフルエンサーたちの言葉尻を捉えては批判し、それが炎上へと結びつきます。


いつも有益な情報を発信しているのにそれは理解されず、たまにミスったら非難轟々、成果を上げているインフルエンサーや経営者からしたら全く割に合いません。

では彼らはどうするかというと自分たちのオンラインサロンでのみ有益な情報やコンテンツを提供していくことになるのです。

現にこのマナブさんもホリエモンもそのように明言しています。

筑波大の落合陽一さんはもう早くにツイッターをやめ、オンラインサロンと有料noteでのみ情報発信をしています。

あの人もいつも有益な情報を発信してくれていましたが、たまに言葉尻を掴まれて炎上していたので嫌になったのでしょう。

僕も今上げた人たちに比べたら成果は屁みたいなものですが同じ思いをしています。

僕にもインスタのフォロワーは2万4千人いてFacebookページのフォロワーは1万4千人おり、そこで無料の日本語学習動画コンテンツや漢字や単語クイズなどを提供しています。

そうするとフォロワーさんから

「もっと難しいクイズを出してください」
「動画には字幕をつけてください」
「漢字クイズは一日5回くらい欲しいです」
「無料で日本語を教えてください」

そんな要望が毎日のように送られてきます。


フォロワーさんのレベルも国籍もそれぞれな訳で当然全ての要望に答えていたら僕の一日はそれだけで終わってしまいます。

そんなことも想起できないばかりか返事しなかったり要望を叶えなかったら逆ギレする人もいます。

したがって僕はそこで汲み取った意見はありがたく真摯に受け止めそれを元にコンテンツを改善し、有料会員向けに発信、提供しています。

上のような人たちに答えることは一切ありません。

自分がしてもらうことしか考えていない人たちを相手にするのは時間の無駄だし、キリがないのでまずは自分にギブしてくれている人たちに提供したいと考えるのは普通のことだと思います。


おそらく多くの発信者はそう考えていることでしょう。


で、ですね。

皆さんにお伝えしたいのはネット上で成果を出している人たちに意味のない批判をしたり揚げ足をとったりしないでくださいということです。


今のような状態がずっと続くと嫌気がさしたインフルエンサーたちは自分たちのオンラインサロンでのみ情報提供をするようになるのです。


つまり、有益な情報を無料で受け取れなくなってしまうのです。

人を妬んで足を引っ張ったって自分が上がれるわけじゃないし、あなたが妬んでいる先進的な人たちはどんどん先を行き、気づけば追いつけなくなっていることでしょう。


先進的で自分の生き方や考え方に合わず、不快に思うかもしれませんが、成果を出しているということは時代にうまく対応しているということなのです。


成果を上げている人の言うことを素直に聞き、少しでも実践する、こうすることでしかあなたの人生は好転しませんからね。


それでは!

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2020.04.01 | コメント(0)

読後「 世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ 」 〜校舎もない、講義もテストもない大学〜


「校舎がない。講義もテストもない」

そんな大学に世界各国から優秀な人材が集まっているとしたらあなたは信じるでしょうか。

その大学の名はミネルバ大学で初年度に2500人が受験しました。

しかも、自社のホームページや取材記事、SNSでの宣伝以外に広告はほとんど打っていないということでさらに終身雇用制度もないにも関わらず世界から著名な教授陣が集まったということです。


この大学の構造やマーケティング戦略を考えることは現代、いや未来の教育とはどうあるべきかを考えることはもちろん、スタートアップのマーケティング方法を学ぶという観点からも非常に有益です。

<『世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ』>


1、既存の大学が抱える問題点

まず、現代の教育はどのような形であるべきなのでしょうか。既存の大学や教育機関が克服すべき問題は何でしょうか。ミネルバ大学が出した結論は以下です。

@実業界で必要とされているスキルと大学で行われているスキルの乖離。
A過去効果的な学習方法が実証されているにも関わらず実践されていない。
B多様性の欠如
C高騰する学費と奨学金

ミネルバ大学の構想はこのような既存の大学が抱える問題点を解決するために出発しました。一つずつ見ていきましょう。


@実業界で必要とされているスキルと大学で磨かれるスキルの乖離。

2014年に米国ギャラップ社が大学と経営者に「学生は社会で活躍できる準備ができているか」と質問したところ大学関係者の96%は「そう思う」と回答したのに対し企業側で「そう思う」と答えたのは11%だったということです。

日本でも企業が学生に求めるスキルは大学での成績や専門スキルではなくコミュニケーション力であるという結果が出ていますから、企業が求める人材と大学が行なっている教育の間には大きな差異があるのでしょう。


ここで大学関係者は「大学は企業のための職業訓練の場ではなく学問を深めて広め、後世に伝えるための機関だ」と反論するかもしれません。

しかし、カリフォルニア大学の調べによると大学一年生の85%は大学に行く理由を「大学に行くと将来いい仕事に就けるから」と答えています。

日本でもツイッターでプログラミング講師が行ったアンケートですが以下のような結果が出ています。



以上の結果から多くの学生は勉強ではなく大卒資格やそれによって得られる特権が目当てで大学に通っていることがわかります。

社会のニーズに大学が応じられていないのは間違いなさそうです。


A過去効果的な学習方法が実証されているにも関わらず実践されていない。

大学に限らず学校の授業といえば大教室に学生を一堂に集めて教師が一方的に話すという一斉授業が主流です。

学生から多額の学費を収めた上で一つの教室に大勢を集めることは収益面から考えると効率的なのですが、学習効率の面から言うと必ずしも高くありません。


ハーバード大学のエリック・マズル教授の調べによると講義形式の一斉授業を行ったグループともう一方のグループは少人数に分け事前に課題を与えて授業で不明な点を教授や質問すると言う形式を採用(いわゆる反転授業)し、二つのグループにおける学習効率を検証しました。。

両グループに半年後に確認テストを行ったところ一斉授業のグループは90%の学生が学んだ内容について忘れていたものの反転授業を行ったグループは70%が内容を覚えていたと言うことです。


この事例を鑑みなくとも一斉授業の非効率性は誰しも体験しているはずです。

レベルも理解度も適性も全く違う学生を一つの教室に集めて同じペースで授業を進めていけばできない学生はどんどん取り残されてできる学生にとっては退屈で実力を伸ばせません。


にも関わらず大学を含め多くの教育機関は一斉授業という形をとり続けています。


B多様性の欠如

グローバル化が進む中、社会に出る準備として多様な人種に出会い協力していくことが不可欠になってきますが、アメリカの大学でも寛容な大学は少ないようです。

OECDの調べによるとアメリカの大学生で海外留学をする割合は2.5%でしかも70%がオーストラリアやニュージーランドなど英語圏の国へ留学しているということです。


ハーバードやスタンフォードなどのトップ大学では多くの国から留学生を受け入れているイメージですが、意外にも10人に一人くらいの割合だということです。

確かにアメリカのトップ大学に入るとなると英語ができる前提でしかも巨額の学費を払わなければなりません。アジアの途上国からの学生には難しいでしょう。


C高騰する学費

日本でもそうですがアメリカの大学では近年学費の高騰が問題になっています。

しかも、高騰の原因が教育の質を上げるためではなく施設や豪華な建物を建てるために使われていることが以前から問題視されていました。


結果、学生たちは卒業時に多額の学生ローンを背負って卒業することになり、その結果日本と同様に奨学金破産に陥る学生も多いそうです。


2、ミネルバ大学は4つの問題をどう克服したのか。

ではミネルバ大学はこれらの問題をどう克服したのでしょうか。
順に見ていきましょう。

@実業界で必要とされているスキルと大学で磨かれるスキルの乖離。

ミネルバ大学は学生が社会に出た時に即役立つ「実践的な知恵」を身につけさせることを理念に掲げています。

ではミネルバ大学が考える実践的な知恵とは何でしょうか。

ミネルバ大学創設者の一人であるコスリン教授は次のように述べています。

「変化する世界に柔軟に対応することができ、なりたい自分を実現するための知識だ。職業訓練用の専門知識ではなく、記録された事実の蓄積でもない。自分で使い込んでいくことで、さらに発展させることができる技能と理論を含んだ知識のことなのだ」


具体的に何をしているのでしょうか。

通常の大学では1年次には分野に応じた教養科目を履修し、3年次から指導教員に師事することになります。

しかしミネルバ大学では1年次には学生全員クリティカル思考やコミュニケーション技術を学び、実際の社会問題解決に応用するための思考実験をします。

3年次から自分の好きな分野を見つけ、学外の専門家を手配し、師事することになります。

学外団体のプロジェクト学習に参加し、活動を通じて自分のアイデアが社会でどう生かされるのかアウトプットを通じて確認作業をすることができると言うことです。


このように学生の段階から社会に出るための準備として実践的な知恵や技術を施し、スムーズに社会に進出できるようなカリキュラムが組まれているのです。


A過去効果的な学習方法が実証されているにも関わらず実践されていない。

ではそれらの技術を具体的にどう学んでいるのでしょうか。

全てがアクティブラーニングで学習効率の悪い講義は一切ありません。

学生は使用する教材とコンセプトを予習してグループワークで発表し、教授やクラスメイトからフィードバックを受けます。

とは言うもののこの大学には後者がないため、これらの作業は全てオンラインで完結するようになります。

zoomのようなしかし、もっと教育に特化した独自のプラットフォームを開発しており、そのツールを使って二十人以下のセミナー方式での授業になります。

授業は学生のプレゼン、質問の時間が8割を占め、残り時間を教授が話し、フィードバックすることになります。

従来の大学の講義であれば教授は後ろの方は見えないのですが、ミネルバ大学のツールでは画面に全員の学生の顔が表示されます。

fullsizeoutput_778.jpeg

2列目や3列目は存在せず、教授と学生の距離も近いため質問も出て討論にも活気が出ると言うことです。

・人はなぜ罪を犯すのか。
・機会は考えることができるのか。
・誰が情報の所有者なのか。

こういった答えのない質問に答えを出し、自分はどう思うかを選ぶ投票機能も備わっており、リアルタイムで投票結果を見ることも可能でそれを元に議論が展開します。

fullsizeoutput_77d.jpeg

それぞれの学生がしたコメントに「いいね」をつけることもでき、議論を活気づける工夫もなされています。

このように教授と学生の距離が近く、発言もしやすい仕組みによって教授はそれぞれの学生の能力やスキルを把握しやすく、学生個人の能力やスキルを伸ばしやすいと言うことです。

発言しやすく、機会も多く与えられた学生たちは考えをまとめてアウトプットする能力は磨かれることでしょう。

これは実社会でとても有益なことで、これらの取り組みや効果は大教室での一斉講義ではできなかったことです。


また前述しましたがミネルバ大学の特徴の一つに「テストがない」ことが挙げられます。

その代わり、学生は授業中の発言やPoll Questionの回答、および研究課題に対し5段階の評価が与えられます。これは、実社会ではテストが無い代わりに日々の成果が評価されることを考慮したものです。


B多様性の欠如

アメリカの大学は意外にも多様性がないと言う問題点がありましたが、ミネルバ大学の留学生率は75%で世界50カ国からの留学生が在籍していると言うことです。


先ほども書きましたがオンラインで完結するミネルバ大学には校舎がありません。

どうしているかと言うと世界の7都市にキャンパスを設置し移動しています。

学生はそれぞれの都市を経験することで多様な文化や生活を経験することができ、多様性を育むことが狙いです。

キャンパスの滞在都市は以下の7つです。

1年目:サンフランシスコ
2年目前期:ソウル、 2年目後期:インドのハイデラバード
3年目前期:ベルリン、 3年目後期:ブエノスアイレス
4年目前期:ロンドン、 4年目後期:台北

これらの都市が選ばれた理由としてネット環境や治安の良さ、ビザ発給の寛容さが挙げられたと言うことです。

入試制度も独特で以下の点についてオンラインプラットフォームで質問される。

1、あなたは何者か・・・年齢や家族構成などの個人情報。
2、どのように思考するか・・・創造性、計算問題、読解問題、文章表現のテスト。
3、何を成し遂げてきたか・・・自分がそれまでの人生で学校の課題以外でつまりどのような主体的な活動を行ってきたのかについてのテスト。社会貢献度や問題意識の持ち方とアプローチの仕方などが審査基準となる。


このように学校での成績というよりもそれまでの課外での実績、つまり主体性を持っているか社会的なイシューに当事者意識を持っているかがチェックされます。


C高騰する学費と奨学金

校舎も施設もないため学費も安価なのかと思われますが、日本円で年間約138万円と割高な印象です。

しかし、この価格は他のアメリカの私立の大学に比べると3分の1から4分の1の価格です。

加えてミネルバ大学には財政支援制度があり、世帯収入に応じて学費の減額を行なっており、80%の学生がその恩恵を被っているということです。


さて、これまでミネルバ大学の創設の動機、つまり既存の大学の問題点を解決することについて説明し、どのように解決したのかについて述べました。


次回はなぜ無名の大学になぜ優秀な学生と教授を集めることができたのかについて述べます。

2020.03.22 | コメント(0)

zoomを使った学習者の語彙を増やす日本語授業の例 〜画面共有の方法などを解説〜


コロナショックで世界中のあらゆる産業が打撃を受け閉塞感が漂っています。

この波は日本語業界にも押し寄せており、留学生に対するビザ交付や入国に対して制限がかかっており深刻な影響が広がっています。

しかし、この機会にあらゆる業界でオンライン化に移行しようとする殊勝な動きも多くあります。

Twitterなどで一番取り上げられているのはzoomです。

zoom
https://zoom.us/

zoomとはオンラインビデオ電話のことで、スカイプのようなものだと思っていただければ結構です。

ただ、いくつかの点でスカイプよりも利便性は圧倒的に高いと言えます。

まず、スカイプは電話をする人のIDを知っていなければ電話できませんが、zoomはURLを作成しそれにログインしてもらうだけで通話することができます。


これはオンラインで公演するときなどにとても便利です。

参加者の方にだけURLを教え、時間になったらログインするように連絡していればいいのです。


その上参加人数も無料版で100人までログインすることが可能です。

また、ホストが行う一方向の機能だけでなく参加者も書き込めるホワイトボード機能やチャット機能も備わっているため、今後のオンライン教育の主軸になっていくでしょう。


僕もすでに日本語動画教材の有料会員向けに週1回日本語zoomチャットを開催しています。

zoomチャットは基本動画で自学してもらい、話す練習をしたいという人のために設けたサービスです。


そこで今日はzoomを使った語彙を増やすタスクをご紹介しようと思います。


<語彙を増やすタスク>

Mac ならkeynote、Windows ならPower pointを使って以下のように真ん中に「スポーツ」「食事」など「交通」増やしたい語彙のテーマを書きます。

〜学.001.jpeg

次にその周辺にテーマの関連語彙を書いていきます。

〜学.002.jpeg

語彙が考え付かなければ下のような本を参考にしてもいいと思います。

<語彙マップ>


だいたい書き終わったら、授業準備完了です。

時間が来て参加者が入ってきたら、さっき用意した画面を用意しましょう。
と言ってもこの段階では自分でしか見ることができないので、相手にも画面が見えるように画面共有をしましょう。


<画面共有の方法>
画面共有機能はとても簡単で重宝するのでぜひ覚えておきましょう。このホーム画面の下にある「画面の共有」ボタンをクリックします。
スクリーンショット 2020-03-22 23.31.17.png

そうすると共有できる画面が表示されるのでさっき用意したkeynoteの画面をクリックしましょう。

スクリーンショット 2020-03-22 23.36.25.png


そうすると以下のような画面に切り替わり、参加者に画面共有できます。
スクリーンショット 2020-02-29 16.51.39.png

これで授業スタートです。
この画面で何をするかというとこちらがたくさんある語彙についてのヒントを出し、学習者がその語彙を当てるというものです。

例えば下のように「空港」を答えさせたければ「Sさん、飛行機が泊まるところはどこですか?」と言った具合にです。
〜学.003.jpeg

そして学習者がうまく答えられれば以下のように赤くします。

〜学.004.jpeg

こういった要領で全ての語彙を赤くできたらミッション終了です。

あまり教師が話すばかりになると学習者の日本語の勉強にならないのでなれてきたら学習者同士でヒントを出させ答えてもらってもいいでしょう。


文法の習得も大事ですがある語彙を別の語彙を使って説明するというのはとても日本語の勉強になり、学習者からの評判もいいです。


授業の様子を録画してあとで学習者に送ると学習者は自分の間違いや発音を動画で確認することができるのでさらなる上達が見込めます。


画面共有機能はスマホ画面も共有でき、参加者も利用することができるので学習者が何かの説明の時やプレゼンテーションをする時にとても役に立つでしょう。


またホワイトボードを共有すれば参加者が何かを書くこともできるので能動的な学習も可能でしょう。

ぜひお試しください。僕も何か新しい方法を見つけたらまたシェアしますね。

それでは!


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2020.03.18 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.